地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、黒部・入善・朝日の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

黒部・入善・朝日の地域情報サイト「まいぷれ」

戸出喜信「黒部川」移設記念特別展

 黒部市宇奈月国際会館セレネのニュース

戸出喜信「黒部川」移設記念特別展
現在、セレネ美術館では、『戸出喜信「黒部川」移設記念特別展』を開催いたしております。

この度、戸出喜信(といで よしのぶ)の大作「黒部川」がセレネ美術館に移設展示されることになりました。
戸出喜信は、黒部市(旧宇奈月町)出身でフランス在住の洋画家。「黒部川」は、故郷の黒部峡谷を取材し、長さ9メートルもの大作として仕上げました。作品は海を渡り、ユネスコ本部(パリ)の迎賓室に8年間展示され、多くの人々を魅了して来ました。画家によって作品は再び海を越え、黒部市に寄贈されました。そして寄贈記念展(2010年1月7日~2月3日・黒部市美術館/2010年4月24日~5月31日・宇奈月国際会館セレネ)を経て、2015年3月から北陸新幹線、黒部宇奈月温泉駅の地域観光ギャラリーで展示されてきました。
この度、黒部川開発100年を記念し、画家の故郷である宇奈月温泉のセレネ美術館に移設し、常設展示することとなりました。また、特別展として、戸出喜信が描いたフランス風景やあじさいなどの作品6点をオープンギャラリーにて展示しています。
画家が生れたこの地で、画家が「黒部川」に込めた想いを受け取っていただきたいと願っております。
市区町村の機関[国際会館・美術館]

黒部市宇奈月国際会館セレネ

最新のニュース一覧へ