地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、黒部・入善・朝日の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

黒部・入善・朝日の地域情報サイト「まいぷれ」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

野菜入荷しました!

 ハーブと喫茶HYGGE(ヒュッゲ)のニュース

「野菜入荷しました!」
God dag!

本日、寺崎さんのお野菜を玄関先販売しています!
白菜、大根、スティックブロッコリー、プチヴェール、菜花など。
柔らかくて甘くて瑞々しくて、とても美味しい元気の出る野菜たちです(^^

寺崎さんには『根っこの会』でもお世話になっています。
2020年も根っこの会を続けていきたいと思いますので、良かったらぜひ一度ご参加くださいね。
今年は2月よりスタートで偶数月の第3金曜日を予定しております。
開催の詳細はまたご案内を近々に。

HYGGEのメニューで使う素材はなるべく旬の地元のものを意識しているので、知り合いの農家さんに直接分けていただくことが多々あります。素材が良いと料理も美味しくなるもので日々とても助けられています。

たまにスーパーでも買うのですが、あまりの味の違いに衝撃を受けることがあります。
私もひととき農業に携わっていた身なので、現代の農業事情を少しわかっているつもりですが、どんな気象条件でも黙々と土や植物の命に向き合い、一生懸命育てた作物が、安い値段で大量に売られ、残れば廃棄されて。
身体を作る、生きる活力の元となる食料を作るのですが、経済や流通に乗せられれば、より早く、大量に、きれいなものを、安く。
そんな風に作られる作物は、時に美味しさや安全は二の次になることもあります。

私は子供のころ東京で育ちましたが、野菜が大嫌いでした。どうしても美味しく感じられなかったのです。なので野菜で作られる料理も好きではなく、毎日嫌々食べていました。
ただ、春夏秋冬で送られてくる富山の祖父母からの野菜は、甘みがあり香りがあり、とても美味しく感じられました。

今、朝日町に暮らし、毎日知り合いの農家さんや家族、親せきが丁寧に育てた、土から離れたばかりの野菜を食べていると、いつの間にか野菜が好物になり、それを生業にしている自分がいます。子供のころの友人には驚かれますが。

顔見知りの農家さんが思いを込めて育てた採れたての美味しい作物を日々食べ、健やかに過ごせることは、とても恵まれた贅沢なことです。
都会の友人やかつての私のような子供たちにもこの美味しさが届いたらなぁと思いながら。。。

ささやかながら、農家さんと美味しい作物を求める人とを心も一緒に繋げる役割をしていきたいと思い、地域限定ながら今年も『根っこの会』を頑張ります。
カフェ・喫茶店[喫茶店]

ハーブと喫茶HYGGE(ヒュッゲ)

HYGGEカレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ