地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、黒部・入善・朝日の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

黒部・入善・朝日の地域情報サイト「まいぷれ」

生地まち歩き

前名時の日月天神軸の御開帳のお知らせ

日月天神軸の御開帳のお知らせ

来る、10月3日、前名時で天神様御開帳の法要が開催されます。

この寺の天神様は、901年菅原道真公が、九州の太宰府に、左遷される際、別れを惜しんだ息子が、父の姿を描き、道真が日月と常に寵愛されていた梅松を加えられ、「日月は天地の父母なり、梅は寒苦を経て清香を発し、松は千年を経てなお志節道義を失わず」と諭され、太宰府に立たれた言われています。

現在天神様の絵に梅松を描くのも、この謂われからです。


前回の御開帳は、平成12年に西暦2000年を記念して行われました。

貴重な掛け軸をより広く知ってもらおうと、今年、道真公が、牛年ということで行われます。

またこの御開帳に合わせて、田村家の清水も一般解放されます。

この機会を逃すと、今後めったに見ることができませんので、是非生地に来られて千年の歴史のロマンを味わってみてくださいね。

お礼のお手紙ありがとう

去る、7月26日家庭教育委員会のミニ研修会で、生地のまち歩きが
行われました。
清水庵の清水、弘法の清水、海底地下道、片持ち式旋回橋、四十物昆布店と回りました。そのお礼の手紙が、昨日送られてきました。
お礼のお言葉や、富山と北海道の繋がり、湧き出る清水の量の多さに驚き、自然のすごさに感動,生地の町並みなどなど。

私達、ボランティアにとってもうれしいお言葉であり、今後の励みにもなりました。
このコンテンツは、黒部観光ボランティアの会「生地(いくじ)まち歩き」のメンバーが、日本名水百選に選定されている 生地地区の名所をご案内してまいります