地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、黒部・入善・朝日の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

黒部・入善・朝日の地域情報サイト「まいぷれ」

黒部ライオンズクラブ様と黒部市の子育て支援事業に「ベビーサイン」!

 くりさんのベビーサイン教室のニュース

黒部ライオンズクラブ様と黒部市の子育て支援事業に「ベビーサイン」!
この度、黒部ライオンズクラブ様と黒部市の子育て支援事業に「ベビーサイン」が採用されました!
年間を通した事業計画に「くりさんのベビーサイン教室」も参加させていただきます。

・ベビーサインの本のプレゼント(7月から随時配布)
・楽しいベビーサイン体験会  テーマ「気持ちがつうじあえば子育てはもっと楽しい」
・ベビーサイン普及のための講演会  講師:吉中みちる氏(日本ベビーサイン協会 代表)

黒部で教室も行いますので、ぜひ子育て中のママさんやご家族の皆さんの参加をお待ちしています。


<黒部ライオンズクラブ様からのメッセージ>
この度、黒部ライオンズクラブでは、黒部市とタイアップして子育て支援事業に取り組むことになりました。
幸い、私たちが子育て支援を考えていた時期に、機を同じくして黒部市では子育て支援を重点施策に掲げていました。
そこで、市の子育て支援事業の一環としてタイアップできないかと相談させていただき、今回の企画となりました。
ライオンズクラブは、世界最大の奉仕団体であり、その歴史は102年に及びます。
黎明期にはヘレンケラーの「闇を照らす騎士になってください」との呼びかけで、世界中に献眼運動を広め、その活動は今も続いています。

ただ、ここに来て時代に合った、新たな事業の必要性を感じていました。そして巡り合ったのがこのベビーサインであり、これが新しい社会の闇を照らすに相応しいと今感じています。
幼児虐待などが社会問題として大きく取り上げられている昨今、人材で国を支えてきた日本にとって子どもの健や かな成長は何よりも大切です。
また、一方では、2018年に国内で生まれた子どもの数(出生数)は91万8397人で、統計がある1899年以降で最も少なかったという事実があります。
この背景には、子育てそのものに対する不安が潜 んでいると考えられます。

そこで、私たちライオンズクラブは、このような課題に鑑みて、新しい展開として、子どもの成長に寄与する事業に注力すべきだと感じました。
今年度は、黒部市と私たちのクラブが始動する本年度7月から一年間にわたり以下の事業でタイアップさせてい ただくことになりました。
もっといろいろ[ベビーサイン・親子コミュニケーション教室]

くりさんのベビーサイン教室

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。

人気のキーワード