地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、黒部・入善・朝日の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

黒部・入善・朝日の地域情報サイト「まいぷれ」

市制施行15周年・黒部峡谷鉄道創立50周年  黒部市美術館・セレネ美術館合同企画展  やっほー!山

黒部市美術館

黒部市美術館・セレネ美術館合同企画展 やっほー!山「市制施行15周年・黒部峡谷鉄道創立50周年  黒部市美術館・セレネ美術館合同企画展  やっほー!山」

黒部市美術館・セレネ美術館合同企画展 やっほー!山

【概要】 
市制施行15周年・黒部峡谷鉄道創立50周年を記念して、黒部市美術館、セレネ美術館それぞれの収蔵作品から、山に魅了された作家たちを紹介する展覧会を開催します。

黒部市美術館
初期の代表的な山岳書である『日本アルプス』の「表紙絵」や「扉絵」を描き、虫や雑草等の博物学的研究に熱中し登山を楽しんだ織田一磨、自ら「山党」と名乗り登山黎明期から山に挑み、数々の作品を残した田博、山の版画家として知られ、山の文芸誌『アルプ』への寄稿等、出版物も多く手掛けた畦地梅太郎の版画作品を中心にご紹介します。また、近代登山の幕開けに関連する資料や、黒部一帯を全国的に広めることに大きな役割を果たした博物学者の吉沢庄作の業績の一端を併せて展示します。
同時開催の特別小企画展| 眞壁陸二 北方からの光/Northern light
眞壁陸二(1971年、金沢市生まれ)は、自然の摂理や捉えることのできない全容に畏怖や憧れを抱きながら深遠な森を描きます。美術館やギャラリーでの発表の他、瀬戸内国際芸術祭(2010年男木島、2016年本島)や、奥能登国際芸術祭(2017年)等で大規模なインスタレーションを手掛けています。また、公共施設等のコミッションワーク等、絵画の内外の空間や環境を意識した制作活動を精力的に続けています。2011年以降、活動拠点を金沢に戻し、風土への関心から制作された新シリーズ「雨あがり空のむこう」も併せて展示します。

セレネ美術館
黒部峡谷の玄関口である宇奈月温泉に、平成5年(1993年)に開館した当館は「かけがえのない黒部の大自然を、絵画芸術を通して未来へ伝える」ことを基本理念としています。この趣旨に賛同いただいた、現代日本画壇を代表する7名の画家(平山郁夫・塩出英雄・福井爽人・田渕俊夫・竹内浩一・手塚雄二・宮廻正明)とともに、実際に黒部を取材しながら、新たな作品を創作し、完成した作品を展示しています。多くの方に、画家たちが作品にこめた様々なメッセージを受け取ってもらいたいと願っています。
同時開催の特別小企画展| 志水哲也写真展 -ドローンから見た黒部と剱-
高校時代から登山を始めた志水哲也(1965年横浜市生まれ)は、国内外での単独登攀、黒部川全支流探査などで知られる登山家であり、1997年に黒部峡谷の玄関口である宇奈月町に移住し、写真家としての活動を本格化させました。2018年から動画に取り組みはじめ、翌年にはドローンによって黒部川全域の撮影を行うなど、今の風景を記録すること、伝えることに意欲的に取り組んでいます。本展ではドローンを操縦して撮影した、通常では見ることが出来ない山や谷の風景を紹介します。

【展覧会情報】 *会期の変更や臨時休館を行う場合は各館のホームページでお知らせします。

主  催|黒部市美術館・セレネ美術館
共 催|北日本新聞社
後 援|北日本放送、富山テレビ放送、チューリップテレビ、みらーれTV、新川コミュニティ放送

黒部市美術館 
https://www.city.kurobe.toyama.jp/category/page.aspx?servno=79

休 館 日|月曜日(但し8月9日は開館)、8月10日、11日
開館時間|午前9時30分-午後4時30分(入館は午後4時まで)
観 覧 料|一般500円(400円)、高校・大学生400円(300円)
( )内は20名様以上の団体料金 
*中学生以下無料 *障害者等手帳をお持ちの方と付添1名無料
*セレネ美術館の半券提示で団体料金に割引
お問合せ|黒部市美術館
TEL. 0765-52-5011 / FAX. 0765-52-5011
企画担当|尺戸智佳子(黒部市美術館)
交  通|■あいの風とやま鉄道「黒部駅」から
タクシー 約7分
バス 石田三日市線北ルート(平日のみ)、総合公園口下車、徒歩約5分
        生地循環線〈生地行き〉、生地中区藤が丘クリニック前下車、徒歩約12分
■新幹線「黒部宇奈月温泉駅」から
タクシー 約20分
電車&バス 富山地方鉄道「新黒部」富山方面→「電鉄黒部」→バス生地循環線〈生地行き〉、生地中区藤が丘クリニック前下車、徒歩約12分

セレネ美術館 
https://www.unazuki-selene.com/

休 館 日|なし(会期中無休)
開館時間|午前9時00分-午後5時30分(入館は午後5時まで)
観 覧 料|一般620円(520円)、高校・大学生510円(410円)
( )内は20名様以上の団体料金 
*中学生以下無料 *障害者等手帳をお持ちの方は無料
*黒部市美術館の半券提示で団体料金に割引
お問合せ|セレネ美術館
TEL. 0765-62-2000 FAX.0765-62-2020
企画担当|中村賢一(セレネ美術館)
交  通|富山地方鉄道「宇奈月温泉駅」から徒歩 約5分

地域連携企画
「飲食店特典付きチラシ」を各展覧会場にて配布いたします!
参加店:魚の駅「生地」できたて館 航海灯、きっさ&ざっか ういんく、ともだっち16、
宇奈月麦酒館、カフェモーツァルト、レストプラザ柏や、有磯きときと庵、焼肉七厘
  • 開館時間9:30~16:30(入館は16:00まで)
0765-52-5011

基本情報

名称黒部市美術館
フリガナクロベシビジュツカン
住所938-0041 黒部市堀切1035
アクセス北陸自動車道 黒部ICより6.5km
あいの風とやま鉄道黒部駅より1.5km
富山地方鉄道電鉄黒部駅より生地行きに乗り、生地中区藤が丘クリニック前バス停下車徒歩10分
電話番号0765-52-5011
開館時間9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日月曜
祝日の翌日
12月29日~1月3日
展示替期間
駐車場あり
ホームページhttps://kurobe-city-art-museum.jp/
Facebookアカウントhttps://www.facebook.com/kurobecityartmuseum?fref=ts
関連ページ黒部市役所>黒部市美術館

カレンダー掲載内容

タイトル市制施行15周年・黒部峡谷鉄道創立50周年  黒部市美術館・セレネ美術館合同企画展  やっほー!山
日付2021年7月10日 ~ 8月31日
ラベルイベント

まいぷれ[黒部・入善・朝日] 公式SNSアカウント